入院のご案内

入院費用・お支払い

入院費用

※保険外費用は減額対象となりません。

1.70歳未満の方の場合、高額療養費制度の利用を申請することで、以下の金額を越える分が支払い免除されます。

所得の区分 入院基本料等負担限度額 食事療養費 負担限度額
支払3回目まで 支払4回目以降
上位所得者
(標準報酬月額が53万円以上)
150,000円/月
を超える分の支払免除
83,400円/月
を超える分の支払免除
780円/日(260円/食)
一般
(標準報酬月額が53万円未満)
80,100円/月
を超える分の支払免除
44,400円/月
を超える分の支払免除
780円/日(260円/食)
低所得者
(市区町村民税の非課税者)
35,400円/月
を超える分の支払免除
24,600円/月
を超える分の支払免除
入院90日まで 630円/日
入院90日以降 480円/日

2.70歳以上の方で、減額制度を申請し、受給者証を取得できた場合、以下の金額を超える分の支払いが免除されます。

所得の区分 入院基本料等負担限度額 食事療養費 負担限度額
上位所得者
(課税所得が145万円以上)
80,100円/月
を超える分の支払免除
260円/食(780円/日)
一般
(標準報酬月額が53万円未満)
44,400円/月
を超える分の支払免除
260円/食(780円/日)
低所得者
(市区町村民税の非課税者)
24,600円/月
を超える分の支払免除
90日まで 210円/食(630円/日)
90日以降 160円/食(480円/日)
うち老齢福祉年金受給者 15,000円/月
を超える分の支払免除
100円/食(300円/日)

3.重度心身障害者医療費助成受給資格者証お持ちの方(手帳だけでは対象になりません)
一旦、窓口でご本人負担金を満額お支払頂いたのち、領収書をもって請求することで、入院基本料部分につき、2,040円/月を越える部分の金額が払い戻されます。

各種減額制度の申請・受給方法について、
ご家族を支援する専門員がおります。ご遠慮なくご相談ください。

入院中にほかの医療機関を受診される際は、必ず事前にご連絡ください。

お支払い

1.ご請求方法・ご請求の時期

毎月1日~末日の入院費のご請求書を、翌月の10日前後に入院願出人様のお宅へご郵送致します。
※カレンダーの関係で、請求書がお手元に届くタイミングが若干前後する場合があります。
※入院願出人様とは、今回のご入院費お支払に関して、第一債務者にあたられる方です。

2.お支払方法

1)当院総合受付で、現金にてお支払
まず最初にお薦めしているお支払方法です。お支払にお越しの際、是非、患者様のご面会をお願い致します。
○窓口が開いている時間
平日 8:30~17:30

2)口座振込にてお支払
窓口にお越しいただくことが困難な場合、口座振込も可能です。

以下の点につき、ご協力のほどお願い致します。
①振込手数料は、振込人様にてご負担のほどお願い致します。
②入金管理の確実性を期すため、当院に入院しておられる患者様のお名前でお振込をお願い致します。
③請求書金額と一致する金額でお振込下さい。

お支払頂く金額が請求書の金額に達しませんと、領収書の発行ができません。病院から発行された領収書が、各種助成制度利用に必要となる場合がございますので、是非請求書と一致する金額でのお支払をお願い致します。
逆に、請求書を超える金額でのお支払がありますと、預かり金として管理することとなります。万全の注意を払って管理するようには致しますが、間違いのもととなることは事実です。できれば避けて頂ければと思います。

3.お支払い頂く時期

請求書がお手元に届きましてから、1ヶ月のうちにお支払のほどお願い致します。
例:10/10に請求がお手元に届きましたら、11/10までをメドにお支払下さい。
※お支払いが遅くなられた場合、お手元にお支払のお願い文書が届く場合があります。

ページトップへ戻る

保険外負担について

特別の療養環境の提供(差額ベッド料)について

当院では下記の個室をご利用される場合は、保険外負担の他に別途室料が必要となります。

病棟 部屋番号 部屋の種別 金額 設備
西1A病棟
(回復l期リハ病棟)
116・117 準個室 1,500円 テレビ・冷蔵庫・床頭台
125 個室 500円 床頭台
西1B病棟
(障害者病棟)
105 個室 1,500円 床頭台
106・107 個室 2,000円

テレビ・冷蔵庫・トイレ

108 個室 3,000円 テレビ・冷蔵庫・ユニットバス
トイレ
西2病棟
(障害者病棟)
206・207 個室 2,000円 テレビ・冷蔵庫・トイレ
208 個室 3,000円 テレビ・冷蔵庫・ユニットバス
トイレ

当院では下記の項目については、実費の負担をお願いしています。

その他 金額
小遣い管理料及び日用品購入代行手数料
(精神科病棟に入院し、小遣いを病院に
預けられる場合の管理手数料及び
日用品の購入代行に係わる手数料)
(全管理:100円/日)
ページトップへ戻る

高額療養費制度について

高額療養費とは、同じ病院や診療所の窓口での支払が一定の限度額に抑えられるという制度です。
ただし、この制度を利用するにあたっては、入院時に下記の保険者へ申請し、限度額証明書を発行してもらい、病院の窓口でそれを示す必要があります。

[申請先]
■全国健康保険協会、健康保険組合 ・・・・・ 社会保険事務所
(保険証に書かれている事務所以外でも可能)
■国民健康保険 ・・・・・ 市役所・町村役場