リハビリについて

疾患別リハビリテーション

脳血管疾患とは、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳血管疾患、脳腫瘍・脊髄腫瘍などの中枢神経疾患、パーキンソン病などの神経疾患、失語症・認知症などの高次脳機能障害などが対象です。
運動機能・基本的動作能力・応用歩行能力の回復等を目的とする理学療法や、日常生活動作能力・社会的適応能力・高次脳機能障害の回復等を目的とした作業療法、言語聴覚能力・摂食機能の回復等を目的とした言語聴覚療法等の治療法により、日常生活における活動の実現を目的として行います。

運動器とは骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。
疾患としては、骨折、変形性関節症、腰痛や頚部痛、肩痛、スポーツ障害などがあります。
運動器の疾患は仕事や日常生活の動作、スポーツ動作を困難にし、私たちの生活の質(QOL)を低下させる大きな一因となります。
運動器リハビリテーションとは運動器疾患を持つ人々に対して運動療法や物理療法、装具療法などを用い身体機能を可能な限り改善することを目的とします。「運動器リハビリテーション」は運動器に障害を持つ人々の日常生活の質(QOL)の維持、向上のために重要な役割を担っています。

廃用症候群とは、「身体の不活動によって引き起こされる二次的な障害の総称」と定義されています。
肺炎や手術後の療養によって筋肉が固まったり、歩けなくなるなど生活していく上で生活動作に支障がある症状を改善するために実施します。