当院のご案内

患者さまの権利と責務

城南病院では、患者様の個性と人格が尊重され、職員との信頼関係に基づいた医療を推進するため、ここに「患者の権利」を定めます。

1.良質の医療を受ける権利
誰もが最適の医療を公平に受ける権利があります。

2.情報を得る権利
担当者への質問、カルテ及び診療内容の情報開示を求めることができます。

3.選択の自由
十分な説明と情報提供を受けた上で、検査、治療方法などを自らの意志で選択や変更が自由にできます。

4.自己決定の権利
検査、治療計画に自ら参加し、意見を表明し、決定することができます。

5.秘密保持を得る権利
診療の過程で得られた個人情報ならびにプライバシーが守られる権利があります。同時に他の方のプライバシーを守る義務も伴います。

個人情報保護方針

当院では、下記の目的に沿って業務上必要な範囲に限り個人情報を利用しています。尚、下記の目的以外には利用いたしません。

1.医療・介護サービスの提供
2.医療費・介護給付金の保険請求事務
3.法令に基づく照会・届出・調査・検査・実施指導
4.会計・経理、病棟管理、医療事故の報告、当該患者のサービスの向上等
5.他の医療機関等(病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等)との連携
6.他の医療機関等からの照会への回答
7.診療等にあたり、外部の医師等の助言・意見を求める場合
8.検体検査業務の委託等
9.家族等への症状説明
10.診療体制の変更等患者様の診療に関するご案内
11.医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
12.業務の維持改善の為の基礎資料、看護学生等の実習、当院内において行われる症例研究
13.医療の発展を目的とした学術研究での利用
14.外部監査機関への情報提供

上記の利用目的で同意しがたい事項がある場合は、総合受付又はスタッフステーションまでお申し出下さい。お申し出がないものについては、同意が得られたものとして取り扱わせていただきます。尚、このお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

※その後、診療録等についての個人情報の開示を求められる場合、その他、疑問等ございましたら上記同様、総合案内又はスタッフステーションまでお申し出下さい。尚、閲覧や謄写をご希望の場合は、開示・謄写に必要な実費をいただきます。

平成21年4月1日
城南病院長

ページトップへ戻る

診療情報提供に関する指針

当院では、平成14年10月に日本医師会において制定されました「診療情報の提供に関する指針(第2版)」に基づき、診療記録等(カルテ・各種検査記録等)の開示に努めております。

1.開示する診療記録等
医師法に基づき、最終受診日より保存期間の5年を経過していないもの。

2.開示の対象となる患者様の範囲
当院において、現在、外来または入院療養を受けている患者様が対象となります。

3.開示請求者
医師には診療情報の守秘義務が課せられているため、開示請求者は次に掲げる方に限られます。また、法定代理人以外の方が開示請求する場合は患者様本人の委任状が必要です。
 ①患者様本人
 ②患者様の法定代理人
 ③患者様本人から委任を受けた代理人

4.開示の方法
開示請求者が所定の申込書により病院長に開示請求します。(開示請求を受けた日から原則として2週間以内に開示いたします。)
【開示する記録等】
○診療記録のすべて
○診療録(カルテ)
○検査記録・検査成績書
○エックス線写真
○画像(CT・MRI・エコー)
○看護記録

5.開示が出来ないもの
 ①患者様本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合。
 ②当院の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合。
 ③開示することが法令に違反する場合。

6.開示に伴なう経費
診療録等の開示に伴ない、コピー等の交付を希望された場合には経費の実費額を請求させていただきます。

7.開示に関するお問合せ先
お問い合わせ

※尚、「診療情報の影響に関する指針」は、主治医が患者様に病気や治療方法について、十分に説明を行い、患者様の信頼を得て、共同して病気を克服していくために制定されたものであることを、念のため申し添えます。